受注・在庫・商品管理はどのようにしたらいい?

折角のチャンスを駄目にしないために!

ネットショップを運営している場合、ついつい仕入や販売の方に力を注ぎがちです。新しくて良いものを仕入れて、お客様の心を掴むことは大切ですが、受注時の対応や在庫管理を疎かにしないように注意しましょう。スピーディかつ間違いのない対応が出来れば、購入してくれたお客さんがリピーターになったり、別のお客さんに進めてくれたりするかもしれません。
例えば相手に送るメールや商品において、氏名や住所にミスがあっては台無しです。信用に関わる大きな損失であると言えるでしょう。また、送付する際に同梱する納品書などが汚れていたり、折れていたりしたら、受け取った人は残念な気持ちになる恐れがあります。商品そのものが良くても不愉快だった、という気持ちを抱かせてしまっては大変ですので、全てに間違いのないような対応を心がけたいところです。

可能な限り自動化やダブルチェックで対応しよう!

このようなミスを防ぐためには、まず自動化することが最適です。メールの文章などをコピーして使い回していると、どこかしらで転載ミスなどを発生させてしまう恐れがあります。このため、必要情報を記入すれば自動で文面を生成するサービスなどを利用して、人の手を入れない工夫を取れると良いでしょう。そのような対応が難しいのであれば、人の目によるダブルチェックがオススメです。特に作成した人以外のチェックは、バイアスがかかっていないために細部まで行き届く傾向があります。
人の手で適切にチェックしておきたいもう一つの点は、在庫管理です。個数や商品の状態などに異常がないか、棚卸を定期的に行うことでトラブルを回避しやすくなります。自動と手動を上手く使い分けつつ、日々の業務の一環として取り入れておくと安心です。