ネットショップとは

近年では、個人でも簡単にネットショップを運営することもできるようになってきましたが、ネットショップとはどのようなものなのでしょうか。実店舗を運営するのとはどのような違いがあって、どのように販売するのでしょうか。

せどりをする場合にはネットショップ一元管理ソフトを使えば良い

せどりで商品を仕入れる時は、ネットショップ一元管理ソフトを使えば安く商品を仕入れる事が可能です。実店舗に行く手間も要らないので簡単にせどりができます。

ネットショップでの商品管理

ネットショップを運営するにあたって、どのように在庫を管理し、注文や発送を管理していけばよいでしょうか。なかなか手間のかかる受注管理や発注、仕入れなどをするときに便利な管理システムについてご紹介します。

受注・在庫・商品管理はどのようにしたらいい?

ネットショップを運営している場合、ついつい仕入や販売の方に力を注ぎがちです。新しくて良いものを仕入れて、お客様の心を掴むことは大切ですが、受注時の対応や在庫管理を疎かにしないように注意しましょう。…

続きを全部読む

管理システムとは?

ネットショップで扱う商品はシステムで管理されています。商品の売れた数を通知し、各サイトの在庫を自動で減らしているのが特徴です。管理システムを使えば、メール送信や伝票などの受注管理も自動化できます。…

続きを全部読む

管理システムの選び方は?

ECサイトを運営するときに必要なものと言えば一元管理といえるでしょう。顧客からの商品受注や受注完了メールの配信、決済といったものを一元化することでスムーズに業務をこなせるのがメリットです。一元化シ…

続きを全部読む

ネットショップで売れた商品はどうやって顧客の手元に行くの?

ネットショップの管理知識

ネットショップとは、インターネットを通じて商品の売買を行うことです。出店者は効率的に知名度をあげるために大手ネットショップサイトと提携して進めることが一般的です。商品説明は、動画や写真と説明文で行い、不明点があれば電話やメールでの問い合わせに対応していきます。発送は運送業者と提携して行います。管理項目は、メールでの問い合わせ対応や在庫管理や受注管理など多岐にわたり対応しなければなりません。一元化がされていることが重要でネットショップ管理ソフトを使うことが一般的です。ソフトによって機能や使用料金が異なりますので、比較検討はもちろん、資料請求やお試し期間を使ってじっくりと検討することがポイントです。

顧客への発送方法について

配送するためには商品の梱包と書類作成が重要になります。ネットショップ管理ソフトで発注が確定すれば顧客情報や入金情報が提示されます。それに基づいて、商品にダメージがないように緩衝材を使って梱包作業を行います。また、納品書や必要に応じて請求書の書面を作成します。雛形があることで顧客情報などが自動的に転記されすぐに出力できる特徴があります。発送伝票も自動で印刷してくれるので手間がかかりません。あとは、運送業者に商品と伝票を渡すだけです。発送連絡も対応ができ次第自動でメール送信がされ顧客のもとに知らせることが可能です。ネットショップ管理ソフトによって作業性がいいものや細かく設定ができるものなど特徴があるため、顧客にやさしいサービスができるかどうかの機能が重要です。